結婚式を挙げようか?どうしようか?

どうやって、結婚式場を探せばいいのか?

数多く存在する中から、何を基準に選べばいいのか?

そんなことを考えている、カップルのみなさん
まずは、ご入籍誠におめでとうございます!

そして、少しでも結婚式を挙げよう、という気持ちがあるのであれば
最高の結婚式にするために、ぜひこれから頑張っていって欲しいと思います。

「結婚式」とは、これまでの人生の中で<自分史上最大>とも言えるイベントであり
そのための準備というのは、当然楽しいことだけではなく
大変なこと、悩むこと、もどかしいこと、様々なことがあります。

それらを乗り越えた先に、最高の1日が待っているのです。

結婚式の準備は、「全て合わせて約1年」が平均的であり
<ちょうどよい>と考えられ、そしてその最初の一歩というのは
言うまでもなく、結婚式の舞台である「式場選び」となります。

式場を決定してから必要となる、内容の準備期間としては
10~8か月程度であり、やっぱり会場を決めてからが長いな~

と思いがちですが・・・

先に知っておいて欲しいこと、胸に刻んで欲しいこととして

「どんな結婚式になるのか」

ということは<会場を選んだ時点で半分以上決まってしまっている>ということです。

会場を選んでいる2~3か月というのは、それ以降の半年以上にわたる
入念な準備と同じ・それ以上に重要なものになるのです。

「選び方」の基礎中の基礎的な要素とは

結婚式場を選ぶ際には、

「ここで挙げたい!と思うところを選ぶ」

ということは当然のことであり、そのために候補を挙げて、迷い

見学・相談を繰り返して、迷い

最終的に、最後の1会場まで絞ることになりますが
「式場の選び方」というのは、こういった「どこがいいのか」という要素に加え
そもそも、「どうやってピックアップ」するのか
そして「どう予約するのか」ということも影響を与えます。

どこがいいかな~

という段階は、結婚式選びという要素の<真ん中の段階>に過ぎません。

探すための手段、最終的に予約するための手段が非常に大きな鍵を握るのです。

「<選び方>の選び方」も豊富な時代になった

時代の移り変わりは、結婚式<内容>だけでなく
<準備の段取り>といったことも、変わってきています。

以前であれば、大手ブライダル仲介業者・代理店を経由する
もしくはその会場に直接予約する、という単純なものでした。

代理店というのは、おそらく知らない方はいないであろう「ゼクシィ」をはじめとした
ブライダルフェアや会場見学、そして予約の<取次>をしてくれる会社です。

その中でもやはり「ゼクシィ」は、現在も最先端のブライダルサービスを提供しています。

しかしながら、昨今では「新しい仲介業者」「プロデュース会社」といった
新たな形態も誕生し、今までにない内容・サービス・価値観を提供しています。

おすすめの結婚式場仲介サービス「ハナユメ」についての詳しい解説

式場から決める?会社から決める?

こういった流れは、「式場ありき」といった従来の結婚式準備のスタートだけでなく
「会社を決めてから式場を紹介してもらう」という、新たな段取りを生み出しました。

「式場を選ぶ前に、アドバイスを受ける」

「自分達に相応しい結婚式場をピックアップしてもらう」

こういった感覚に近いものになります。

相談・アドバイス自体は、従来のブライダル関連会社でも
提供されていたものになりますが、最近では「会場のウェディングプランナー」ではなく
「仲介会社所属」の、「アドバイス専門・式場紹介プランナー」の存在も目立ちます。

更に式場を一緒に選んでくれるだけでなく
結婚式当日までの、準備の段取りを一緒に進めることや
更には、当日までお世話してくれ会社も存在します。

いわゆる<ブライダルプロデュース会社>と呼ばれる形態になりますが
どこから、どこまで、ということも、各社によって差があるものになります。

そして何より、「金額(総費用)」に関しても
各社によって、また会社と会場の組み合わせによって
場合によっては、<50~100万円以上>差が出ることも珍しくありません。

ひと昔前のように、また結婚式と聞いてイメージしてしまうような
「どうやっても高くつくもの」という時代ではないのです。

他の商品・サービスと同じく、価格差・サービスの差が大きな時代になったのです。

実際の「結婚式場を選ぶまで」の段取り

いずれにしても、まずはどんな会場がいいのか
またどんな結婚式がいいのか、イメージを持つ必要がありますが
曖昧なイメージからでも、適切な会場を選びやすい状況にもなっています。

全く会場の候補がない、という場合には

  • 「適当に」会場を見学する(実際に体験すると、自分の好みが沸いてくるものです)
  • 無料相談・アドバイスを提供する会社のサロンへ相談に行く

また、ある程度希望する会場が決まっているのであれば

  • ロスのない希望会場だけを見学する
  • 一番費用を抑えられる・お得と感じる仲介会社を利用する

いずれにしても、仲介会社・プロデュース会社というのは
選択肢の1つとして、持っておきたいものであり
実際に利用者が増えてきている<新たなスタンダード>でもあります。

まずはやっぱり「とりあえず見てみる」ことが大切

上記しましたが、<自分達の結婚式>というものが
全く想像できない、というカップルの方は
「とりあえず見てみる」ということが、大切になります。

こんなのいいなー

ちょっと違うな・・・

会場の雰囲気や、スタッフのホスピタリティといった
実際の結婚式にかかわる要素をつかみ、それを参考にして
<そこでは実際にどんな式になるのか>を調べてみたり、

ブライダルサービス提供会社に相談してみることで
徐々に<自分達の画>が、具体的になってくるのです。

そして最終的に<決定>する、その前に
<ベスト>な方法を選ぶことが大切なのです。

>>今最もおすすめの結婚式場仲介サービス「ハナユメ」についてもっと詳しく