結婚式の準備は、「決断」と「妥協」の連続です。

妥協することも、大切な決断の1つと言えますが
時には、あきらめるか・・・どうするか・・・
大きな「悩み」となってしまうこともあります。

そしてこの妥協を招いてしまう、最も大きな要因は
いつの時代も「お金」であり、結婚式にまつわる悩みは
その大部分が「お金がらみ」であることが、現実と言えます。

「お金で解決できる」とも考えられますが
それができれば、誰も悩まないわけで・・・

そして、このお金に悩むこととなる理由の根本として
やはり「予算」が決まっていることが、大きく影響していると言えます。

「明確ではない予算」がトラブルの元

最初から妥協する悩みを少なく、また妥協する必要がないようにするためには
「これ以上は絶対に超えない!」というラインを、決めておくことが大切です。

お金に関するトラブルは、「ちょっとなら超えてもいいかな」という
曖昧な予算設定が引き起こすことが多く
「ちょっとオーバーしちゃった」の連続で発生します。

「予算の分かりやすい式場」を探す

そして、結婚式にかかるお金の大部分を左右するものが
なんと言っても、「どこで挙げるのか」という「挙げる会場」になります。

各結婚式場によって

  • 会場使用費
  • サービス料
  • 料理
  • テーブルクロス
  • 写真(アルバム)

当日にかかる、あらゆるものに差が存在します。

一応、おおまかな「相場」は決まっていますが
現代では、価格差がより広がっている傾向が見られます。

<1つ1つがリーズナブル>な会場を見つけることで
結果的な「総費用」を、抑えることができるのです。

最初からはっきりと予算を伝える・金額を聞いておく

結婚式場を決定する前の段階では、必ず候補会場に「会場見学」に訪れる
もしくは、「ブライダルフェア」に参加することになりますが
その際、案内してくれる係の方やウェディングプランナーの方に
明確な・本当の予想価格を聞いてみましょう。

嫌がられる気もしますが、消費者目線でのサービスも進んでおり
「この商品を入れるとこれくらいになる」ということは、意外と簡単に教えてくれます。

そしてその際には、スムーズに質問・うやむやにならないためにも
「自分達の持っている明確な希望」に関して、前もってまとめておく必要があります。

「定額制」も検討してみる

また、「これ以上は使えない」というラインが、明確に分かっている
「それを超えてしまうのか不安」ということであれば
「定額制」という、仕組みでの申し込みも有効なものと言えます。

定額制とは、一般的な意味での「最初から設定された金額内のサービス」であり
従来は非常に珍しいサービスでしたが、当サイトでも紹介している
「ハナユメ」を中心として、提供している媒体が増えてきており
現在利用者が目立ち始めた、新しいサービスといえます。

>>「ハナユメ」に定額制の結婚式を相談してみる

予算に対して、不安を持っているカップルにとって
非常に安心できるシステムであり、内容だけでもチェックしてみてください。