<結婚式場探し>を経て、「ここにしよう!」という
希望会場が見つかった後は、いよいよ「予約」という段階になりますが

この段階においても、もう一度しっかりと落ち着いて考えてみる必要があります。

基本的には、式場探しの際に相談した「結婚式場仲介サービス」
または、準備や当日の進行も含めて依頼する場合には
「プロデュース会社」を通すことになりますが、予想される総費用や
理想との兼ね合いを考えて、納得のいくように予約をする必要があります。

「最終的な見積もり」に近いものを提示してもらう

まず最初に知っておいて欲しいこととして
結婚式にかかる、お金に関する話題を調べる際には

「当初に提示された価格よりも、かなり多くなってしまった」

という話を、必ずと言っていいほど聞くことになり
それによって、不安に思っている方も多いと思います。

しかしながら、実際には特に悪質なものというのは
一部の会場の話でしたが、実際には「最低価格の見積もり」
提示することが、常態化されていたこともまた事実と言えます。

こういった、「最低額の見積もり」を提示することは
他の業界でも珍しいことではなく、やはり<そもそもの額が大きい>ことで
結婚式は<お金のトラブルが付きもの>という印象ができてしまったようです。

ただし、こういった状態はよくないことであることは確かであり
かなり前に是正されており、現在は「明朗会計」というだけでなく
最初の段階で<希望内容に沿った・含めた見積もり>を、明示してくれるはずです。

もしそうでないのであれば、その時点で候補から消しましょう。

「希望」は最初から・はっきりと

そして、「ちゃんとした・正確な見積もりが欲しい」のであれば
自分達からも、しっかりと「自分達の希望」を伝える必要があります。

「後出しの結果、見積もりが増えてしまう」のは
ある意味で当然のことであり、そういったことを避けるためには
お互いに<最初から、ある程度見据えておく>ことが重要であり、
自分達の結婚式に対する理想について、まとめておくことが必要になります。

「希望」と「条件」のバランスを考えていく

そして、ここからが「お得な予約」を済ませる本題になります。

上記したように、従来の一般的な段取りであれば
<結婚式にかかる最終的な費用>というのは、各過程で必要なアイテムやオプション等
<会場を決めた後>に発生する要素によって膨らんでいくものでした。

しかしながら、現代では

「最初からある程度の各種オプションを含めた見積もり」

を、提示してもらうことができる時代であり
そういった会社を選ぶ・方向に持っていくことが大切なのです。

つまり<総費用の上限>というものが、最初に分かるということであり
ここからいかにお得に(価格を下げる)ことができるのかにも、こだわってみましょう。

妥協するべきところはする

結婚式の価格というのは、予約する「日取り」や「時間」
そして「宴会場(挙式場)」によって、価格が変わります。

ホテルの宿泊料等と同じく、<利用者の多い時期・タイミング>では高く
その逆の<使う人(挙げるカップル)が少ない>場合に安くなります。

例としては、

  • 4月5月10月11月(結婚式が最も多い時期)の<大安>は高く
  • 盆・暮・正月には安く(昔はあり得ないことでしたが、現在は営業する会場もあり)

また、

  • お昼前・夕方~は高く
  • 早朝から始まる・終電近くに終わる場合は安く

と1日の中のでも差があり、これらは組み合わせによって
<とても高く>ついてしまったり、<劇的に安く>済んだりするポイントでもあります。

基本的には、担当者(プランナー)から<提案>されることもありますが
「お得なタイミング」や「お得な宴会場」があるか、確かめてみましょう。

「値下げ」できる額が、最も大きな要素でもあり
そういったこと(日取り等)に、こだわりがないのであれば
あ内容をケチる・我慢する、よりも大枠で下げる方が圧倒的に効率的な節約と言えます。

※親御様や地方の文化によっては、

日取り・時間帯にこだわりのある場合もあるため

しっかりと、相談してから検討しましょう。

「最初から決まっている金額」であれば安心!

そうは言っても、結婚式の準備の過程では

「予想していなかった」

「他に欲しいものができた」

「やっぱりこっちに変えたい」

ということは、しょっちゅう起きます。

そのため、いくら最初に見積もりを作っていようが
当初の見積もりに組み込ん価格では、済まないことも多いです。

そういった事態、具体的には「予算オーバー」が心配であれば
最初から上限が明確となっている、「定額制」での結婚式も検討してみましょう。

予算組み・支出の予想が、楽になるだけでなく
オプション内容が「パック」として、まとめられており
1つ1つを注文するよりも、お得であることも多いです。

また結婚式の準備というのは、考える・選ぶことと
奮発する・諦める・妥協することの連続と言えます。

カップルの2人ともが、社会人として忙しく働いている場合等は
そういった一連の作業は「正直言って、めんどくさい」という方も多いはずです。

そういった方にも、費用が明確・お得になるだけでなく
準備が楽になるという点についても、おすすめできる内容になります。

>>定額制ウェディングプランは「花嫁」がおすすめ